畠山遼・影山達也・石田隼 公式ファンクラブ『village/ganba-ro(〜ヴィレッジガンバーロ〜)』

2019/12/02

石田隼 2020年2月・舞台『花火の陰』@三越劇場 出演決定!※チケット先行情報あり!12/3追記

舞台『花火の陰』
公演期間: 2020年2月5日(水)〜2月10日(月)
公演会場: 三越劇場

■チケット情報: 一般発売 2020年1月4日(土)

■脚本: 村松みさき(村松みさきプロデュース)
■演出: わかばやしめぐみ(おぼんろ)
■出演: 大鳥れい・笠松はる・石田隼・藤田奈那・きよこ・森めぐみ/岡田達也 ほか

■企画・製作:舞台『花火の陰』2020製作委員会

★公式サイト: https://hanabinokage.com/ ★公式Twitter: @hanabinokage
■公演に関するお問い合わせ先:
東映ビデオカスタマーセンター
TEL: 0120-1081-46
(受付:月曜〜金曜10:00〜13:00、14:00〜17:00)(土・日・祝祭日を除く)

(C)舞台『花火の陰』2020製作委員会

〜あらすじ〜
とある片田舎。映画を撮影するため、俳優、スタッフ、作品に関わる漫画家などがこの地に滞在していた。
しかし、ある事件をきっかけに、映画は完成を見ることなく、表現者たちはバラバラになってしまった。
それから20年、かつて撮影チームの助手として下積み生活をしていた女性が、大物女優として大きく成長し、この地に戻ってきた。
彼女が20年ぶりにかつてのロケ地に足を踏み入れたその瞬間、20年前、共に同じ時を過ごした人たちが次々とある目的のためにやってくる。
過去を回想していく中で、長年自分の中でひた隠しにしてきた想いに巡り合っていく女優。
―『花火みたいな人生を歩めて、羨ましいです』 ―『花火が綺麗なのは一瞬だけだから。そのあとの行方を、誰も知らないし、知ろうともしないでしょ』
遠い過去から誰かの声が聞こえた気がした。
田舎の空に花火の音が鳴り響くとき、20年の時を超え、過去と現在が静かに交錯し、そこで暮らしていた人たちの生き様が浮き彫りにされていく。
その時、起きた出来事とは......。

※※チケット先行情報追記!※※

舞台『花火の陰』キャスト先行受付概要
■<石田隼>受付URL:https://w.pia.jp/s/hanabi20cs-ish/
■対象日程:全公演
■対象席種: VIP席8,800円(税込)※石田隼特典付き/一般席6,800円(税込)※石田隼特典付き
■エントリー方法:複数公演当選可
■受付日程:12月4日(水)12:00?12月10日(火)23:59
■枚数制限:お一人様4枚まで
■当落確認:12月11日(水)18:00?
■入金期限:12月14日(土)23:59まで
■発券開始:即時発券
■入金方法: セブン-イレブン決済、クレジットカード決済、ちょコム
■引取方法: セブン-イレブン決済の場合→セブン-イレブン
       クレジットカード決済の場合→セブン-イレブン、配送
■注意事項:抽選での受付となりますので、受付期間内にお申込みください。
お申込みにはぴあ会員登録(無料)が必要となります。

----------

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

戻る